品川区の内科 消化器内科の五反田ファインクリニック

品川区西五反田の内科・消化器内科
五反田ファインクリニック
経鼻胃カメラ・大腸カメラ・生活習慣病外来


品川区五反田の内科・消化器科の医院紹介品川区五反田の内科・消化器科の診療メニュー鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)・胃潰瘍検査病気・医療コラム品川区五反田ファインクリニックの診療日記品川区五反田の内科・消化器科の医院 スタッフ紹介品川区五反田の内科・消化器内科・胃腸科の五反田ファインクリニックへの交通アクセス

五反田ファインクリニック > 病気・医療コラム > インフルエンザ予防接種はお早めに!
文字サイズを大きくする文字サイズを元に戻す

医院紹介

インフルエンザ予防接種はお早めに!

>> インフルエンザを予防しましょう
>> インフルエンザにかかったかなと思ったら
>> 品川区にお住まいの高齢者の方へ
>> インフルエンザお役立ちリンク集

■2017年〜2018年(平成29年秋冬シーズン) 季節性インフルエンザ予防接種のご案内

今シーズンのインフルエンザ予防接種は終了いたしました。(2018.01.31)

■インフルエンザ予防接種とは?

インフルエンザの予防接種を受けたら、絶対にインフルエンザにかからないという訳ではありません。

成人の場合、発病阻止率は70〜90%くらい、小児の場合はさらに低くなります。
このデータをみると、“なんだ、この程度じゃ予防接種を受けてもしょうがないな”と感じる方がいるのではないかと思いますが、予防接種とは、病気にかかりにくくしたり、かかっても重くならないようにすることが目的だとご理解ください。
もし発病したとしてもインフルエンザが軽症で済む確率は80%あるといわれています。

予防接種は1回でよいのか、2回接種する方がよいのかという話がありますが、厚生労働省は原則2回接種を勧めています。これは1回の接種では発病を阻止する効果が70%弱であり、2回接種するとその効果が90%になると言われているからです。

お勧めの予防接種時期ですが、これは抗体のでき方で決まります。一般的には接種1〜2週後から抗体が上昇しはじめて、2回接種1ヶ月後にピークになり、3〜4ヶ月後に低下しはじめます。

インフルエンザは1〜2月に流行する疾患と言われていますが、
最近は2〜3月にも流行しているようです。
2回接種すると接種5ヶ月くらいまで効果があります。
インフルエンザの流行する前の10月半ばに接種すると3月半ばまで有効なので、インフルエンザシーズン中は大丈夫でしょう。

でも毎年すこしずつ免疫が残ってゆきますので、基礎免疫がついてきます。


>> サイトマップを見る

■受付時間
午前8時50分〜12時00分
午後3時00分〜 6時30分

診療の予約も可能です

03-6426-7070(ナオレ ナオレ)

所在地:
〒141-0031
品川区西五反田7-16-3
カトウビル3階

Calendar Loading

休診
午後休診
その他

>> 診療時間の詳細

電子マネー対応しています

edy iD WAON

取り扱いクレジットカード

edy iD WAON
消化器内科ってどんなところ?生活習慣病 丸分かり病気に関する豆知識
メディア掲載


鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)生活習慣病外来

五反田ファインクリニック
電話番号:03-6426-7070
〒141-0031 品川区西五反田7-16-3 カトウビル3階
【五反田駅より徒歩6分・大崎広小路駅より徒歩4分】
English-page(Gotanda Fine Clinic)|品川区の内科の五反田ファインクリニック