品川区の内科 消化器内科の五反田ファインクリニック

品川区西五反田の内科・消化器内科
五反田ファインクリニック
経鼻胃カメラ・大腸カメラ・生活習慣病外来


品川区五反田の内科・消化器科の医院紹介品川区五反田の内科・消化器科の診療メニュー鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)・胃潰瘍検査病気・医療コラム品川区五反田ファインクリニックの診療日記品川区五反田の内科・消化器科の医院 スタッフ紹介品川区五反田の内科・消化器内科・胃腸科の五反田ファインクリニックへの交通アクセス

五反田ファインクリニック > 苦しくない胃カメラ
文字サイズを大きくする文字サイズを元に戻す

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)

「苦しくない胃カメラ」はなぜ苦しくないのか?

胃カメラは苦しい…とよく言われます。なぜ、胃カメラは苦しいのでしょうか?

そもそも胃カメラが苦しい理由は「咽頭反射」という、神経反射にあります。異物を飲み込んでしまった時などに、のどの奥に手を突っ込んで吐かせることがありますよね?人は、のどの奥にある舌の付け根やのどちんこの部分などに物があたると、「おえっ!」と戻したくなります。これが咽頭反射です。

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)

口から入れる胃カメラ(経口内視鏡)で検査を行う場合、常に管がのどにあたるため、この咽頭反射がどうしても起きてしまい、吐き気が続きます。その上、のどを管がずっとふさいでいるために、息苦しい…窒息感が起きます。このために、胃カメラは苦しい、もう嫌だ・・・と言われるようになったのです。

これに対して鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)で検査を行う場合は、管が舌の付け根に触れずに食道や胃に到達するので、口から入れる胃カメラと違い、「咽頭反射」がありません。そのため、ほとんど吐き気を感じません。また、管も口から入れる胃カメラのものよりも細いので、「見た目」からくる恐怖感も少なくなるでしょう。また、何よりも口が空いているので、窒息感はありませんし、モニター画面を見ながら医師に質問をすることもでき、安心感が増します。

ですので、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)を使えば、「苦しくない」検査が可能になるのです。

五反田ファインクリニックでは、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)の検査を行っています。ご希望の方は、直接ご来院いただくか、電話にてお問合せください。

>> 胃カメラ検査の流れはこちら

03-6426-7070

 

2013年2月〜「慢性胃炎」にも保険適用!

ピロリ菌が原因の慢性胃炎を治療する際にも保険が適用できるようになりました。

これまで健康保険でのピロリ菌の感染診断・除菌が認められていたのは、胃かいよう、十二指腸潰瘍の方だけでした。

慢性胃炎の方も対象になったことで、胃がん予防が進むと考えられます。
気になる胃の痛みがある方は、お早めにご相談ください。


鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)

>> サイトマップを見る

■受付時間
午前8時50分〜12時00分
午後3時00分〜 6時30分

診療の予約も可能です

03-6426-7070(ナオレ ナオレ)

所在地:
〒141-0031
品川区西五反田7-16-3
カトウビル3階

Calendar Loading

休診
午後休診
その他

>> 診療時間の詳細

電子マネー対応しています

edy iD WAON

取り扱いクレジットカード

edy iD WAON
消化器内科ってどんなところ?生活習慣病 丸分かり病気に関する豆知識
メディア掲載


鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)生活習慣病外来

五反田ファインクリニック
電話番号:03-6426-7070
〒141-0031 品川区西五反田7-16-3 カトウビル3階
【五反田駅より徒歩6分・大崎広小路駅より徒歩4分】
English-page(Gotanda Fine Clinic)|品川区の内科の五反田ファインクリニック